カードローン契約者が死んでしまった時には返済はどうなるか知っていますか?ここではカードローン契約者の死亡に伴う返済について知りましょう。

・契約者が死んだ時の返済 カードローンの契約者が思わぬ事故にあい死亡してしまう事もあり得ます。そのような時には借金が気になるのは家族の人ですね。基本的には契約者が死んだ時の借金はそのまま負の財産として法律で決められた相続者へ引き継がれます。

 得に土地や貯蓄などのプラスの財産を死亡した契約者が持っていたとしても、それを相続する場合には借金とそのプラスの財産について両方を相続する必要があります。ですからプラスの財産とマイナスの財産を足し算してみて、それでもなおプラスになる場合にはそのまま相続するのもありでしょう。

 しかし、もしも合算してみてマイナスになるのならそのまま相続してしまうと損になります。ですからそのような時には相続放棄をするという手があります。この手段は相続する事になった事を知った日から数えて、3か月以内に家庭裁判所に申し立てをすれば、相続を放棄する事ができます。

 また少ない事ですが、死亡者がカードローンを利用していた事を知らないがために、相続者がその遺産を相続した後に、残りの借金を支払うように催促してくる事もあるので、気を付けましょう。