キャッシングやカードローンは必要な時にお金を融資してもらえるので、すぐに利用するかどうかはべつにして、とりあえず申し込んでおいて損はありません。

しかし、カードローン会社も慈善事業でやっているわけではなく、ビジネスとしてお金を貸しています。ですから、きちんと返済してくれる人でないと、お金を貸してくれません。

そのために、審査があるわけです。

審査の際に重要となるのが収入です。

安定した収入がある人でないと基本的には借り入れができないと思ってよいでしょう。ですから、現在、仕事をしていない無職の人は審査をパスすることは、まず無理だと言えます。

正社員で勤めている人なら、審査をパスする可能性は高いと言えますが、勤務歴が短すぎたり、過去に返済の遅延など、いわゆる金融事故を起こしている場合は、正社員だからといって必ずしも受かるわけではありません。

フリーターのように身分的にはアルバイトであっても、安定した収入であると見なされれば、融資の可能性は十分にあります。

ですから、そうした非正規雇用の人でも、一度、カードローン会社に利用の可否を尋ねてみると良いでしょう。

実際、フリーターでもキャッシングで借入れをしている人はけっこういるものです。