友人が生活費に困り、銀行のキャッシングを利用していました。

はじめのうちこそ返済したうえで足りなくなればまた借入れ、というペースを守れていたようですが、次第に返済後の借りいれのスパンが短くなり、金額も大きくなっていきました。

キャッシングは日ごとに利息がつくので、一日一日と返済が遅れていくにつれて、ただ生活しているだけなのに増える利息に、押しつぶされるような気持ちになっていたそうです。

良い就職先が見つかり、全てすっきり完済した時は、借金が無いことがこんなにも気持ちを楽にするのか、と晴れ晴れとした顔をしていました。

その後しばらくキャッシングは利用していなかったのですが、会社都合の飲み会が増えるにつれて、割り勘支払いのために現金を用意する必要が増え、メインバンクの営業時間外にコンビニATMでキャッシングを利用するようになったそうです。

過去の経験から翌日即返済を心がけていて、今ではキャッシングの返済に追われているというよりは、うまく「キャッシングを利用している」という様子です。

キャッシング返済に追われた過去があったからの対応ですが、実際にキャッシングをうまく利用している社会人は多いそうで、しっかりとした知識と意識があれば良い利用が出来るものなのだなと思いました。